今度こそ続けるダイエット > トップページ

下半身ダイエットには知識が必要

上半身はそれほど太ってはいないのに、下半身だけが太くてなかなか痩せない。
こういったお悩みをお持ちの方は多いのではないでしょうか。

これには大きな理由があります。
原因を知らないまま一生懸命ダイエットをしても、やせてゆくのは胸だけで、下半身はぜんぜん変わらないままなんてことに。
さらに、ダイエットをやめたとたんにリバウンドで更に下半身が太くなってしまう。

こういった下半身太りの悪循環を避けるためにも、正しい知識をもって下半身ダイエットに挑まなくてはいけません。


下半身はなぜ痩せにくいのか

下半身太りの多くの方が悩んでいるのはやはり"セルライト"ではないでしょうか。

セルライトというのは、血液やリンパの流れが悪くなることによってできた脂肪の塊のことです。
体のなかで生成される"老廃物"や"余分な水分"を運び出せないことにより脂肪細胞に老廃物や水分が溜まって肥大化することでおこります。

"冷え"や"むくみ"も血液やリンパの流れが悪くなることでおこるため、冷え性やむくみやすい人はセルライトができやすいと言われています。

もちろん脂質が多く含まれている食生活を送っている人は、その分脂肪を吸収するので太りやすく、セルライトもできやすくなります。

セルライトができやすい場所というと、太もも、おしり、ふくらはぎといった下半身。
二の腕にできる人も少なくありません。

このセルライトの厄介なところは、普通のダイエットでは取り除くことが難しいというところ。
食事制限や運動など、普通の脂肪であればエネルギーに変換されて減らすことが比較的容易なのですが、セルライトはエネルギーに変換されにくいので、いつまでたってもそのままの状態なのです。

ですから、下半身を細くしたいからといって、食事制限や運動をしてもセルライトはなかなか減らないので、下半身はいつまでもそのままのサイズということになるのです。

体重を落とすだけのダイエットであれば、食事制限も運動も非常に効果的なのですが、体のシルエットをきれいにしようとするのであれば、それなりの知識が必要というわけですね。

BBX 下半身ダイエット

↑ページトップ